走行

2008年11月 8日 (土)

ワインディングリフレッシュ・・・ならず

近場でいいワインディングはないだろうかとネットで検索して、今日はヒットした情報の中から博物館明治村近辺に行ってみましたが、残念ながら駄目でした。っていうかワインディングというには距離、幅、景色がそろってないと駄目っしょ・・・。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

慢心相違(YRSオーバル初参戦)

まんしんそうい-満身創痍-だったら、まだしも、である。

たかがオーバルという気持ちがあったわけではないが、「いままでこれだけ練習してきたんだから(オーバルだって大丈夫)」、そういう慢心があった。
オーバルレースに初参加して、順位はともかく、これほどショックを受けるとは。

アウト側からアウトイン(ミドル)アウトを使ってインベタの車を抜こうとするのだが、アウトへ出たとたん、自分だけ置いていかれるのである。
え?えーっ、なんで??と思っているうちにどんどん抜かれ、「おいてかないでくれーっ!」と心の中で叫ぶ始末。

ファイナルヒートの最後の方になって、理由が少しだけ自分でも見えてきたけれど、そのときは既に遅し。

同じくこの日が初参加となったらんまんさん(NC)、ありんこ☆さん(シルビア)はみなその洗礼を受けた。
そして同日中にそこから抜け出せたと思われるのはありんこ☆さんのみだ・・・。

終わってトムさんから「一人旅(離されたという意味ではなく、周りを理解せず、自分の世界に固執し続けたという意味で)」をしていた、といわれ、ガクッ。

つまり、今まで築いてきた運転技術は磐石なものだと思っていたが、それは違うんだぞと、相違しているんだぞ、ただの思い込みでしかないんだぞ・・・ということで、慢心:相違だったのでした。

運転に関しては謙虚にならなくては!(トムさんからはがちがちに考えても仕方ないともいわれているが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

YRSスプリントレースinFSW-SC

29日の土曜日、YRS<http://www.avoc.com/index.php>主催、富士スピードウェイショートコースにおけるスプリントレースに参加しました。
そして、同日行われたエンデューロレースもドライビングは無しで、エイト仲間のさとしさんのピットクルーとして参加してます。
これらのレースはYRS卒業生のみが対象のスクールレースです。
技能向上がその主たる目的なわけです。

<エンデューロレース>
130分を1~4人で一台を乗り継いで走ります。
1人で走りきるのも、充実感はあるし、こういったショートコースの走りをリズムとして把握できるのにはいいです・・・が、チームでワイガヤやるのが楽しそうでいいやね!

見ていてむずむずしちゃいました。(^^ゞ

次回は5月にTC1Kで開催されますが、TC1Kは超のつく久しぶりで2回目なんで、許されればソロで参加できたらいいな・・・。

<スプリントレース>
午後からはスプリントレースに参加しました。
最近まさに春の陽気で暖かい日が続いていましたが、この日は若干気温が低め、全開走行してもまぁぎりぎりいいかなって感じです。(ショートコースの夏場は地獄です)
7分間の予選、フルインバート(タイムの遅い順)スタートの10周のヒート1、そしてヒート1の順位でスタートする30周のファイナルヒート、という3回の走行が行われます。

予選は、ガンバったのですが、なんていうかスロースターター&力みにより、ベストが出ませんでした。よってヒート1はセカンドロー・アウト側に落ち着きました。

ヒート1、ローリングスタートでしたが、駄目ですね、何も対策を考えずに臨んでしまい、ただただ前車についていってしまったのですが、1、2、最初の登りヘアピンまでで、抜かれるは抜かれるは・・・って、確か初めて走ったときも同じようなことを経験した記憶がある・・・(-_-;)うーっ。
その後は自分のペースをつかむことも出来ず、ひたすら前を走るMR-2を追走することになりました。相手の速いところ自分の速いところを分析して、なんて思っているうちに10周なんてあっという間、そのまま11台中9番手でゴール。

休憩中に、スタート、走り方のイメージトレーニングを行います。
それと観戦していて全体を把握しているエイト仲間の風来坊さんから各車、特に同じくらいのペースの相手の様子の情報を仕入れつつ、30周の計画を即興で練りました。つってもスタートでいいとこまで行くことくらいしか思いつきませんでしたが。(^^ゞ
とりあえず良かったのは今度はイン側だったことです。

ファイナルヒート開始!
とにかくインなのでインを開けず、1コーナーへとびこみます。3コーナーへのアプローチで前車ボクスターがアウト側へ出る隙にイン側へ着きます。うまいことにこれで2つポジションアップ!
2周目、1コーナーで前車のS2000がタコ踊りした隙に1つポジションアップ!
3周目、2コーナーへのアプローチで自分がシフトミス&地力で速いボクスターに先行されます。でもなんとかあきらめずに後をつけます。
4周目、サイドバイサイドでのぼりのヘアピンを抜けますが、5周目にボクスターがその前のS2000に並び、抜き去ったところで、今度は自分の相手がそのS2000になります。
その周の最終コーナー出口で並び、6周目のメインストレートで前へ!
その後少しずつ離れていくボクスターを追う展開になると、後ろからは追随者が消え、クリアな状況になってきます。
7周目、自己ベストの36秒328をだし、9周目36.271、11周目36.255、16周目、本当のベスト36.242!!
19周目ロータスをラップ
21周目、前方に車の集団が迫ってきた、MR-2をラップ
26周目911にラップされる!
28周目S2000をラップ!
29周目911を追いかける!
ラストで登りヘアピン出口で痛恨のオーバーステア!
そのままゴール!
・・・最終的に5位でフィニッシュとなりました。
楽しかった。バトル出来たのがうれしかった、です。
でも、めっちゃ疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

富士のドリームレッスン参加

富士スピードウェイで行われた「ドリームレッスン」に参加しました。
半日でレーシングコース走行が2回(30分+40分)、パドックにコースを作ってコーナリング練習走行1回、その合間を縫ってプロドライバーによるアドバイス講義、さらにコース走行では希望者にプロドライバーの同乗走行(1周)という、せわしないプログラムで行われました。
幸運なことに午前組はぎりぎり雨に降られることなくプログラムをこなすことができました。
自分の組のプロは、竹内選手(監督?)、立川選手、片岡選手、平中選手といった顔ぶれでした。 おお~っ(゜o゜)

さて、一回目のコース走行は、3周のプロドライバーによるリードがついたのですが、その前の座学で、「かならず同じラインを・・・」と注意があったにもかかわらず、自分の前の車が自分流のラインを走り続けたので、結局理想ラインは分からずじまい!迷惑なお話です。
で、本コース走行は今年初めてでしたので、心して冷静に構え、また以前から試したかった従来とは違うギアの選択などを試しつつ走りました。
ベストラップは14秒117で、まぁ大体、試行したことがまとまりかけたところで終了しました。

次にヘアピンを2個しつらえたパドックに作られたコースでコーナリング練習をしました。
コーナーの頂点までブレーキを引きずり、向きを変える練習です。
これはさぁ、うまく行かないと、今までYRSで練習してきたことはなんだったのってことになるじゃないですか。
いわゆるトレイルブレーキですもの。
一応「いい感じですね~」と言われて終了しました。(^。^)ホッ。

最後にまとめの本コース走行を行いました。
今回はとんぼ返りで仕事にいく必要があったので、40分の枠のうち20分で終了させる必要がありました。(帰り支度の時間をキープするため)
4周目、2分11秒812で自己ベスト更新できました!

一応このコースでは走るたびに少しずつタイムアップしてきているので、もうちょっと先まで行きたいなと思っています。

同じ理由で同乗走行してもらう時間も無かったのですが、同乗してもらった人が、割りと荒く(縁石ガンガンに利用みたいな)走っていた・・・みたいな話をされてましたが、こういうのって教える方、教えられる方双方の準備(いろいろな意味で)ができていないと、なかなか本質が得られないこともあるのかなぁと思いました。(プロが遅いわけはないし、操作は丁寧なはずですもんね)

半日でしたが、コストパフォーマンスのよいイベントだったと思います。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

吉田道場参加~後編~(0228YRSスクール)

さて、自分の走行軌跡はどんなだったかというと・・・(以下長文で、申し訳ありません)

【スケジュール】
1.10時台       /30周程度/リード&フォロー/B:-/A:-
2.11:20~11:40/31周/練習1/B:37.503/A:38.595
★★タイヤチェックのためピットイン
3.11:49~12:08/29周/練習2/B:37.166/A:38.645
★★昼休憩
4.13:00~13:40/42周/練習3逆同乗5周含む/B:37.649/A:39.043
★★別グループ走行
5.14:00~14:15/15周/練習4逆同乗8周含む/B:37.127/A:37.927
6.14:15~14:40/27周/リード&フォロー/B:-/A:-
7.14:40~14:55/21周/練習5/B:36.492/A:37.308
★★別グループ走行
8.15:25~15:30/ 7周/スーパーラップ/B:36.485/A:36.872
★★終了

どうです?ハードでしょう?またまた、またエンデューロしてしまいました。^_^;約190周か・・・

1~3でタイヤの皮むきと、今までの走りを思い出してますね。

4で逆同乗してもらい、指摘されたことを練習してます。
でも、思ったのが指摘された時点では「ハイ、ハイ」と返事だけはしているものの、走り出すとその指摘を思い出すのに一苦労してしまうんです。ちゃんと聞いてたはずなのに、アルツかのように数瞬前のことも忘れ気味なんです。

それでも、5の再度の同乗でしっかりと頭に指摘を叩き込み、ここから教わったことが体にしみこんでいく様子が見て取れます。

6のリード&フォロー走行で人にその教わったことを見せつつ、それが自分のおさらいになっていたということでしょう、

7で従来のベストを更新しました。

最後の8、まさかこんなサプライズがあるとは思わなかったのですが、5周のみのスーパーラップをやらしてもらえました。
全員が見守る(見てない人もいたでしょうけど)中のタイムだしです。
あらゆる人からプレッシャーを与えられて、緊張気味にアタック開始しました。
タイムを考えるより先に、とにかくアプローチを正確にすることを心がけ、結果5周目に今日のベストを上回る自己ベストを出し、平均においても従来のラップを上回ることが出来ました。!(^^)!

満足したかって?いえいえ、まだまだです。(なんて、ホットはしたけどね)
だって次の課題が見えてきましたから。
トムさんからも指摘されましたが、まだフロントだけで曲がっていると。
リアで曲がっていけるようになれば、立ち上がりとかももっと楽になるはずです。

そうそう、今回思ったのは、行き詰ったら、どうやってタイムを上げるか考えるアプローチもありますが、もうひとつどうやって同じタイムを楽をして引き出すかというアプローチもあるということです。
結果同じ操作に落ち着くにしても、考え方が違うと新鮮だと思いません?

というわけで、今回はたくさん得るものがあった気がします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉田道場参加~前編~(0228YRSスクールその2)

YRS卒業登録を行うと、時々緊急募集のメールが送られてきます。
この2月27、28日は2DAYスクールだったのですが、2日目のクラスと同時にショートコースで「逆同乗走行」を行うよ、とメールが来ました。
ショートコースではタイムが伸び悩んでいましたので即応募。
その後逆同乗のないラッピングの募集もあったので、あれ?と思ったのですが、自分だけで壁を乗り越えられそうもなかったので、困ったときのトムさん頼みとばかり、ラッピングよりちょっと値段は張るものの逆同乗走行に参加しました。

ついでにうれしかったのは、2DAYスクールのカリキュラムにあるショートコースのリード&フォローのリード役の1人になれたこと。
もー、間違った走りをしたら大変と、前日、前々日と過去参加の2DAYスクールで撮ったビデオを何度も見返し今までの自分の走りを総点検しました。(あと、トムさんのショートコース慣熟歩行のビデオも。おっとみっくんさんとくろすけさん発見!)

当日はラッピングの人たちは11時集合でしたが、自分はリード&フォローがあったので7時半から会場入りしました。朝もはよから、いるいる知った顔が!
さとしさん、QYRさん、前回オーバルでお見受けしたSさん!
みんな好きだなぁ、スポーツ走行!!

さて、このリード&フォローは、ようは先導の車に2~3台くっついて、慣熟走行するプログラムです。
スピードは控えめ(だんだん早くするけど)ですが、ブレーキのタイミング(リリース含む)、シフト、ラインなどは全力走行するときと同じにします。後ろの人はたとえリードする人が間違っていると思っても、同じ操作を心がけます。

さとしさんとQYRさん、引っ張らせてもらいました。
自分の持ってるすべてを与えました。(たいしたものはないけど)
ああ、間違った道に引っ張り込んでしまったかとちょびっと思ったりしましたが、みなさんスクールの最後にはベスト更新!
しかもさとしさんと自分はほぼ同タイム・・・与えすぎたか!
なんて、みんなが早くなることに、ほんの少しだとしても助けになったのかな、と思ったらめちゃくちゃうれしかったです。

ついでに言えば、この間にタイヤの皮むきをさせてもらったりして。^_^;へへ・・・ラッキー。

さて、吉田道場~後編~は、自分の走行の軌跡編です。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

オーバルレース初参加??

富士のジムカーナ場にパイロンを楕円に並べてオーバルコースを作り、レースを行う、YRSのオーバルレース、カブクラスに参加しました。

といっても、カブクラスは入門編で、ローリングスタートとか、2列並走でのレースとかこのレースに必要な基本を実地にやってみる体験クラスでした。

このオーバルレースのルールはイン側の人はパイロンに沿ってインベタで走り、はらんでは駄目。アウト側の人は逆にコーナーに入ってもインを締めては駄目。インとアウトを変わるには相手を抜いて約車3台分くらい離れたらできる、というようなものです。
だから基本的に抜くのは難しい。どちらかが下手こかない限り一周で抜き去ることは不可能です。

走ってみて分かりましたが、これはアウトを走るのが難しい。
そして難しいからこそ、このアウト側がレースを左右します。
アウト側のさらにアウト側を行きスリーワイドとなることもあるレースで、ものすごいメンタルなゲームです。

一周が14~15秒で回るオーバルをトータル100周くらいしますが、レースに勝つためには、速さをキープする冷静さ、失敗をしない沈着さ、タイヤのたれなどをコントロールできる明晰さを持って、ファイナルヒートへの結果につなげていく必要がある・・・なんて、難しいことはさておいて、実際は頭が真っ白になるまでひたすら失敗しない走りをするだけですけどね。

はたから見てるとずっと接近戦の続くこのレースは面白いですよ。
次回、カブクラスに人が集まればレースをさせてくれると言っていたけど、駄目ならオープンクラスで戦おうかと思っています。

***謝辞***

わざわざ様子を見に来てくれたくろすけさん、ますおさんありがとうございました。(くろすけさん、その後とんでもないことが起きたようで、残念でしたね)

オープンクラスに参加しなくてごめんなさい、フォルテさん。

楽しく一緒に走っていただきました、ロードスターのHさん、Oさんお疲れ様でした。

また皆さんとご一緒できることを楽しみにしております。

って、そうそう自分は休みがもらえたので28日(木)のショートコースにお邪魔の予定です。
ですのでQYRさん、さとしさん、2DAY参加ですか?であれば28日ご一緒できると思います!!(ちょっと個人的にサプライズありかも知れません!(^^)!)
おーおー、さらにちなみに、明日はタイヤを新調するであるます!
それについては明日報告するであるます!!でへへ・・・

| | コメント (0)

2008年2月 8日 (金)

久々のオーバルスクール

YRSのオーバルスクールに参加しました。
Yrsh20020802s そこかしこに雪の塊(氷と化している)が見えるものの(写真1)、天気は快晴、気持ちの良い練習日となりました。

しかし、天気とは裏腹に走り出してみたら運転がすっかり自己流に戻っていて、YRSで教えてもらった肝を見事にはずしっぱなし!
こりゃいかんと基本に立ち返って操作をきちっとやろうとするも、それが逆にあだとなって全体を見ず近くのパイロンをクリアするための場当たり的な運転となってしまう始末。
「操作をきちっと決めても、状況は千変万化するので、いつも同じブレーキングポイント、ブレーキの強さなどしても、自分で限界を作っているも同然」と言われてしまう。

木を見て森を見ずってところでしょうか。

それでも、トムさんの助言を得つつ、なんとか以前のレベルにまで復帰しました。
記録を更新するのは、気の長い話になりそうです、トホホ・・・。

そうそう、今回新機軸の逆同乗とクリティークシートは結構いいかも。
クリティークシートを持ったトムさんを横に乗せて走るなんて、まるで自動車教習所で路上試験をやるような感じです。
間近で自分の運転を見られて、欠点が露呈してしまうのはなんとも恥ずかしいですが、より詳しい指摘を受けることができてよかったと思います。

それから、今回もいろんな方と楽しいお話ができ、それも良かったなぁ。
エイトも自分含め3台参加していました。赤エイトのNさん、これからもスポーツ走行ご一緒しましょう!

Yrsh20020801s 写真2:青エイトのたてつながり、なんて。 





P.S
今度の23日はオーバルレース初参加です。(初心者クラスですけど)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★お初の方の日記へのコメントも歓迎です★
(でも、ネガティブ系なコメントはご勘弁をm(__)m、ね)

【2008年予定と実績のページ】<外部ページ>
http://drive-my-car.way-nifty.com/blog/2008/01/post_c05a.html

【愛車のカスタマイズのページ】
・作成予定
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

| | コメント (3)

2008年1月12日 (土)

今日も耐久じゃん

YRSの富士スピードウェイショートコースプラクティスデーに参加しました。(写真載せたかったけど、カメラ忘れ、携帯も電池切れでとれんかった。)
天気は雨、路面は、水溜りはできないが小さな川が継ぎ目にできたりする程度のWETコンディション。
気温はそれほど寒く感じない10度くらいでしょうか。
一日中ずーっとおんなじコンディションでした。
さて走行は総勢17台を2グループに分けたから9台くらいで同時走行。
雨は苦手・・・みんなそう思っていたと思います。そこでまずトムさんから雨の走り方レクチャーがありました。簡単に言ってしまえばドライより丁寧に走ることなわけですが、そこはYRS、ビークルダイナミクスの観点から雨の日のロードホールディングの高め方を理論的に説明。感覚だけで走りを高めるのではなく、頭と体両方で走り方を高めていく独特なスクールの本領発揮。

走行は・・・長かった~!もう満腹、食べられません!
トータルで3時間強、その日最多周回数は210周台、自分はトムさんの同乗含め197周・・・。もちろんその間ずっと走り続けではなく休んだりクールダウンしたり(車ではなく自分の頭の^_^;)しましたが。
昨年のひとりエンデューロをトータルでは上回る周回数。
さすがにね、これだけグルグル回ると、雨が怖いとか言ってられましぇん。てか、雨なんだからすべんの当たり前じゃ!見たいな開き直りにも近い感覚に。
参加者も最初は1コーナーでみんなくるくる回ってたけど、最後の方はスピードはそのままに上手く走れるようになったもんねぇ。
ちなみに自分はスピンアウト、コースアウトは一回もなかったです。

ここに書ききれないほど収穫あった気がします。雨の練習も良いかも!
と思ってしまいました。(無事に済んだからそう思うってのはあるけど)

参加した皆さん、ご苦労様でした。
ポルシェのWさん、今年もまたご一緒する機会がたくさんありそうですねぇ、よろしくお願いします。
トムさん丁寧に教えていただきありがとうございました。
F澤さん、視点を変えたドライビングのお話、とっても参考になりました。

あ、やぺっ、足が、足がつった・・・、腰がいてぇ・・・(T_T)

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

1月5日走り初め

今年の初走行はホームの富士ではなく、もてぎでとなりました。
New Year Circuit Carnivalってやつです。
今日は参加してないので状況わかりませんが、昨日はあんまり混んでいなかったです。
タイムアタックもあり一回(30分)参加しました。
サーキット側の計測では正式結果は29秒1でした。手元のP-LAPだと28秒台が2周ほど出ていて「やたっ」と思っていたんですが、ちょっとがっかり。
でも、半年ぶりにきて走ってもとりあえず前回と同じくらいのベストで走れるってのは、人間自転車の運転を一度覚えると何年乗らなくても忘れない、みたいな感じがして一人でうなずいてました。
今回は同じエイトに乗るQさんとSさんと同時走行となりましたが、おもしろいですね、Sさんは他の二人より3秒くらい速いものの、追走したりされたりしてみると三者三様で得意不得意が分かれる。
あるところで離されると別のところで差を縮めるみたいな結果になります。
お、するとおのおの得意なところをガッチャンコした走りができるとすげー速いんじゃないか!
そうすると・・・見えてきますね~、今年の克服すべき項目が。
あたりまえのことですけど、タイムを縮めるのに大事なのは長いストレートの手前のコーナーの脱出を最優先すること、ですよね。
そこが、S字になってたりすると、さらに差が出ちゃうわけです。
今回のもてぎで言えばS字とV字が下手・・・踏めていないというわけです。
まぁ、さらに言えば自分としてはダウンストレートエンドの90度コーナーもまだ余らせているし、最終のシケインもアプローチ間違えてとっ散らかってるし、修正個所は多々ありますけどね。(T_T)
じゃあなんでそうなっちゃうのか?もっと根本の原因はなにか?
ま、いろいろあるでしょうけど、自分の場合、走っているとき考えていない、頭の中真っ白で走っているからじゃないかと。
頭の中真っ白→集中している?いえいえ、敢えて言えば自分の走りに酔っている、夢中になっている。
だから速く走れる可能性のあるラインや操作をスポイルしちゃっている。
自分の過去走ったライン(固定概念)の中での最速を極めようとしちゃう、本当はもっと別のラインがあったり、あるいは別の操作によってより早く走れるラインができたりするかもしれないのに。
もっともそういうことって、うまい人に同乗走行してもらったり、リードフォローしてもらったり、そういうことでも気づくはずのものですけど、普段自分が一人で走る時だって、疑問を持つなり、課題を見つけるなり、頭を使って(真っ白にすることじゃなく)、走るという習慣が必要かな。

最後に、当日ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました。
また、遊んでください。

| | コメント (0)