競技

2008年4月20日 (日)

慢心相違(YRSオーバル初参戦)

まんしんそうい-満身創痍-だったら、まだしも、である。

たかがオーバルという気持ちがあったわけではないが、「いままでこれだけ練習してきたんだから(オーバルだって大丈夫)」、そういう慢心があった。
オーバルレースに初参加して、順位はともかく、これほどショックを受けるとは。

アウト側からアウトイン(ミドル)アウトを使ってインベタの車を抜こうとするのだが、アウトへ出たとたん、自分だけ置いていかれるのである。
え?えーっ、なんで??と思っているうちにどんどん抜かれ、「おいてかないでくれーっ!」と心の中で叫ぶ始末。

ファイナルヒートの最後の方になって、理由が少しだけ自分でも見えてきたけれど、そのときは既に遅し。

同じくこの日が初参加となったらんまんさん(NC)、ありんこ☆さん(シルビア)はみなその洗礼を受けた。
そして同日中にそこから抜け出せたと思われるのはありんこ☆さんのみだ・・・。

終わってトムさんから「一人旅(離されたという意味ではなく、周りを理解せず、自分の世界に固執し続けたという意味で)」をしていた、といわれ、ガクッ。

つまり、今まで築いてきた運転技術は磐石なものだと思っていたが、それは違うんだぞと、相違しているんだぞ、ただの思い込みでしかないんだぞ・・・ということで、慢心:相違だったのでした。

運転に関しては謙虚にならなくては!(トムさんからはがちがちに考えても仕方ないともいわれているが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

YRSスプリントレースinFSW-SC

29日の土曜日、YRS<http://www.avoc.com/index.php>主催、富士スピードウェイショートコースにおけるスプリントレースに参加しました。
そして、同日行われたエンデューロレースもドライビングは無しで、エイト仲間のさとしさんのピットクルーとして参加してます。
これらのレースはYRS卒業生のみが対象のスクールレースです。
技能向上がその主たる目的なわけです。

<エンデューロレース>
130分を1~4人で一台を乗り継いで走ります。
1人で走りきるのも、充実感はあるし、こういったショートコースの走りをリズムとして把握できるのにはいいです・・・が、チームでワイガヤやるのが楽しそうでいいやね!

見ていてむずむずしちゃいました。(^^ゞ

次回は5月にTC1Kで開催されますが、TC1Kは超のつく久しぶりで2回目なんで、許されればソロで参加できたらいいな・・・。

<スプリントレース>
午後からはスプリントレースに参加しました。
最近まさに春の陽気で暖かい日が続いていましたが、この日は若干気温が低め、全開走行してもまぁぎりぎりいいかなって感じです。(ショートコースの夏場は地獄です)
7分間の予選、フルインバート(タイムの遅い順)スタートの10周のヒート1、そしてヒート1の順位でスタートする30周のファイナルヒート、という3回の走行が行われます。

予選は、ガンバったのですが、なんていうかスロースターター&力みにより、ベストが出ませんでした。よってヒート1はセカンドロー・アウト側に落ち着きました。

ヒート1、ローリングスタートでしたが、駄目ですね、何も対策を考えずに臨んでしまい、ただただ前車についていってしまったのですが、1、2、最初の登りヘアピンまでで、抜かれるは抜かれるは・・・って、確か初めて走ったときも同じようなことを経験した記憶がある・・・(-_-;)うーっ。
その後は自分のペースをつかむことも出来ず、ひたすら前を走るMR-2を追走することになりました。相手の速いところ自分の速いところを分析して、なんて思っているうちに10周なんてあっという間、そのまま11台中9番手でゴール。

休憩中に、スタート、走り方のイメージトレーニングを行います。
それと観戦していて全体を把握しているエイト仲間の風来坊さんから各車、特に同じくらいのペースの相手の様子の情報を仕入れつつ、30周の計画を即興で練りました。つってもスタートでいいとこまで行くことくらいしか思いつきませんでしたが。(^^ゞ
とりあえず良かったのは今度はイン側だったことです。

ファイナルヒート開始!
とにかくインなのでインを開けず、1コーナーへとびこみます。3コーナーへのアプローチで前車ボクスターがアウト側へ出る隙にイン側へ着きます。うまいことにこれで2つポジションアップ!
2周目、1コーナーで前車のS2000がタコ踊りした隙に1つポジションアップ!
3周目、2コーナーへのアプローチで自分がシフトミス&地力で速いボクスターに先行されます。でもなんとかあきらめずに後をつけます。
4周目、サイドバイサイドでのぼりのヘアピンを抜けますが、5周目にボクスターがその前のS2000に並び、抜き去ったところで、今度は自分の相手がそのS2000になります。
その周の最終コーナー出口で並び、6周目のメインストレートで前へ!
その後少しずつ離れていくボクスターを追う展開になると、後ろからは追随者が消え、クリアな状況になってきます。
7周目、自己ベストの36秒328をだし、9周目36.271、11周目36.255、16周目、本当のベスト36.242!!
19周目ロータスをラップ
21周目、前方に車の集団が迫ってきた、MR-2をラップ
26周目911にラップされる!
28周目S2000をラップ!
29周目911を追いかける!
ラストで登りヘアピン出口で痛恨のオーバーステア!
そのままゴール!
・・・最終的に5位でフィニッシュとなりました。
楽しかった。バトル出来たのがうれしかった、です。
でも、めっちゃ疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)